NEW

楽読創始者・平井ナナエ「波瀾万丈伝」第二巻 表紙

2019/03/25

楽読創始者・平井ナナエ波瀾万丈伝 第二巻

平井ナナエ 監修

書籍の詳細・購入はこちら

須田達史「波瀾万丈伝」第八巻表紙

2019/03/21

株式会社絶好調 経営方針書

吉田将紀 監修

書籍の詳細・購入はこちら

須田達史「波瀾万丈伝」第八巻表紙

2019/02/22

須田達史「波瀾万丈伝」第八巻

須田達史 監修

書籍の詳細・購入はこちら

須田達史「波瀾万丈伝」第七巻表紙

2019/01/16

須田達史「波瀾万丈伝」第七巻

須田達史 監修

書籍の詳細・購入はこちら

楽読創始者・平井ナナエ「波瀾万丈伝」第一巻 表紙

2019/01/05

楽読創始者・平井ナナエ波瀾万丈伝 第一巻

平井ナナエ 監修

書籍の詳細・購入はこちら

須田達史「波瀾万丈伝」第六巻表紙

2018/12/14

須田達史「波瀾万丈伝」第六巻

須田達史 監修

書籍の詳細・購入はこちら

須田達史「波瀾万丈伝」第五巻表紙

2018/11/15

須田達史「波瀾万丈伝」第五巻

須田達史 監修

書籍の詳細・購入はこちら

須田達史「波瀾万丈伝」第四巻表紙

2018/10/22

須田達史「波瀾万丈伝」第四巻

須田達史 監修

書籍の詳細・購入はこちら

須田達史「波瀾万丈伝」第三巻表紙

2018/9/30

須田達史「波瀾万丈伝」第三巻

須田達史 監修

書籍の詳細・購入はこちら

須田達史「波瀾万丈伝」第二巻表紙

2018/8/15

須田達史「波瀾万丈伝」第二巻

須田達史 監修

書籍の詳細・購入はこちら

須田達史「波瀾万丈伝」第一巻表紙

2018/7/11

須田達史「波瀾万丈伝」第一巻

須田達史 監修

書籍の詳細・購入はこちら


中心道®出版とは

電子書籍であなたの生きた「証」を残せ

は、ここにあり!」と宣言する、最高のツール

あなたが、世界に伝えたいこと
あなたが、何者で、誰のために、どのように貢献したいのか?

あなたの使命、想い、願いを世界に宣言する電子書籍。
あなたが、どんな想いを中心にして生きるのかを宣言する電子書籍。

それが、中心道®出版がプロデュースさせていただく、あなただけの作品です。

中心道出版編集長 時任 悟より、電子出版の極意を無料メールニュースにてお届けします

なぜ、電子出版なのか?

「本当に伝えたいことが書けないんだ」
「こういう見せ方は嫌だったんだけど、、、」
実は、ほとんどの作家が、ため息をもらしている。

しかし、これはある意味当然のこと。

たとえば、1冊の本を作るのに、いったいどれだけのお金が必要か?
どんなに少なく見積もっても、出版をするだけで300万円〜500万円のコストがかかると言われる。自費出版するのに、数百万円から1500万円程度の経費がかかってしまうのも当然のこと。

「1日、200冊」
さらに、今、日本では、1日に200冊もの本が出版されている。
実は、日本の出版界の構造上、次々に書籍を出し続けないと出版社の経営が成り立たないという現実がある。だから、毎日あふれるほどの書籍が書店に送り込まれている。

多額の経費をかけ、1日200冊、年間8万冊出る書籍の中で、売れる本を作らなければならない。となると、どんなに著者の意向を大切にしようとしても、「売れる本にする」ために、奇をてらったり、市場にウケる形にしたり、大げさになったり、、、と無理が生じることがあるのだ。

「著者が本当に語りたいことを、世界に伝えたい」
「本来の目的のためにプロデュースをしたい」

その最高のツールとして、私たちは電子書籍を選んだ。電子書籍なら、100%思い通りの作品を作り上げることが出来るからだ。

日本の國力を高めるコンテンツホルダー世界に解き放つ

中心道®出版編集長、時任 悟は各界で日本トップリーダーのプロデュースを担当。ご縁に恵まれ、10万部を超えるベストセラーや、10億円以上のビジネス構築などを実現、50作品を超えるAmazon1位の書籍プロデュースなど、数多くのプロジェクトが生まれた。

プロデュースに関わる以上、プロジェクトの成功は必要条件。
お金は大切。売上も大切。
しかし、それだけでは面白くない。

なぜなら、個人の収入や、会社の売上といった「自分の都合」だけでは、本来の可能性は発揮されないから。
ところが、業界のため、社会のため、国のためと、「大いなる目的」を目指すプロジェクトになると、心の底から湧き上がる情熱につながり、関係者の絆が深まり、想像を遥かに超える結果が生まれる。

大きな結果を残したプロジェクトの全てに共通するポイントがここにある。

「誰かのために」
「何かのために」

個を超えた目的へと、命を注ぐときに生まれる感動を、わかちあっていきたい。

そして生まれた言葉が、「日本の國力を高めるコンテンツホルダーを世界に解き放つ」
これが、私たちのビジョンである。

中心道®出版が誕生した瞬間

「日本の國力を高めるコンテンツホルダーを世界に解き放つ」ための出版社にふさわしい社名とは?

「名は体を現す」という言葉にある通り、出版社名も極めて重要なポイントだ。
出版社の立ち上げに向け奔走していたある日、その瞬間が訪れた。

「中心道®出版という社名は、どうだろう?」

中心道®創始者須田達史氏からの提案だった。
その場にいた関係者に電撃が走った。
これが中心道®出版が誕生した瞬間だ。

この重みを理解いただくためにも、中心道®とは何か?についてお伝えしたい。

中心道®とは、「武道の叡智を現代に活かし、日本から世界で活躍する人財を輩出する」教育プログラム。
経営者、作家、講演家などリーダー的ポジションにある人々が、毎年、全国から1000名以上も静岡県熱海市にある道場へ通い、稽古を続けている。
中心道®出版は、その名を継ぐ出版社なのだ。

武道の叡智とは何か?
「武道は、格闘術ではない」
ほとんど知られていないが、誰もが心のどこかで知っていることかもしれない。
そう、武道は、誰かを打ち破るための技術ではないのだ。

「武」という字は、「矛を止める」と書く。
相手を倒すためでなく、戦いを未然に防ぐための道、それが武道。

肚を練り、覚悟を決め、相手の氣を察し、流れを感じる。間を読む。
これらの、目に見えない潜在能力を磨くエッセンスが武道の中にある。

「業界平均の3倍の売上」、「1年で利益が57倍」、「全国トップ0.02%にランクイン」
中心道®で稽古を続けている塾生が、信じられないような実績をあげていくのは、武道を通じて自身を磨いているからだ。

中心道®出版の存在理由

現代の日本を観ると、自分の国に誇りを持てない人があまりに多い。
自分の産まれ育った家、地域、国に誇りを持てなければ、自分自身を信じる基盤がつくれない。マスメディアでは、政治不信がかきたてられ、日本の歴史は貶められている。これでは、自分の将来に不安を覚えるのも当然だ。
こうなってしまった背景には、さまざまな事情がある。
覆すことは簡単ではないかもしれない。

だからこそ、自己を超えて、誰かのために生きようとする、志ある人物の登場が急がれている。
オリンピックやワールドカップというスポーツだけでなく、自国の伝統、歴史を重んじる人物が、ビジネスやアートの世界で圧倒的な結果を示すことが、日本人の誇りを取り戻す鍵となる。

彼らは形ばかりの規則を嫌う。
彼らは現状を肯定しない。
彼らは、自社の利益を超え、地域のため、社会のため、業界のため、国のためと、本気で生きている。
そうでなければ、がんじがらめのルールの中に新たな仕組みを生み出せるだろうか?
混迷する未来に、希望の光を見せることが出来るだろうか?

「日本の國力を高める」などというと、毛嫌いする人も、誤解する人も、批判する人もいるかもしれない。
しかし、日本人の誇りを取り戻すのは、彼らにしか出来ない。

本来、私たちの祖先が大切にしていた、優しさや思いやり、ひたむきさや誠実さ、和をもって貴しとなす心。義に生きることを美徳とし、卑怯に生きることを恥とする精神文化を復活させることこそ、彼らとともに成し遂げるべき使命なのだ。

私たちは、そんな人たちのための本をつくる。

自分は未来を変えられると
本気で信じる人達こそが、
本当に未来を変えていくのだから。

プロファイル画像

中心道出版 編集長 任 悟(ときとう さとる)

1976年三重県伊勢志摩生まれ
東京大学工学部を中退、株式会社インテリジェンスに入社、上場前後の激動期を経て独立。現在は、「日本の国力を高めるコンテンツを世界に解き放つ」というビジョンのもと、「クライアントの志を言語化する」ことによって、作家、講演家、ビジネスオーナーらのコンテンツプロデュース、総合ブランディングをサポートしている。

成功の鍵は「ビジネスにおける生態系をつくること」。「無理をしない、させない、本来の力を活かし、持続可能なビジネスシステムを構築することが最高の結果を生み出す」がモットー。「レイキ・宝地図」で著名な、望月俊孝氏の宝地図事業の立ち上げをともにした際、創業時に書いた、わずか2通のセールスレターは10年間にわたって10億円以上の売上をあげ、今なお成長している例がその典型である。

プロデュース書籍は、「幸せの法則」(望月俊孝氏著37000部)、「自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと」(四角大輔氏13万部)をはじめ、出版部数を伸ばすと同時に、著者自身のビジネス上の結果にも貢献しつづけている。また、自身の著書「感情のわかちあい」がビジネスに奇跡をもたらす!は、発売2日でマーケティング部門、セールス部門などを含むAmazonランキング6部門一位を獲得。プロデュース電子書籍は次々ランキング1位のベストセラーとなり、全43作品がすべて1位を獲得している。(2018年7月現在)

特技は師匠探し。学生時代には、少林寺拳法全国大会優勝、全国弁論大会優勝という異色の体験をもっている。

ACHIEVEMENT

須田達史波乱万丈伝

須田達史 監修
須田達史波瀾万丈伝(壱)

  • ビジネス人物伝部門
  • 実践経営・リーダーシップ部門
  • ビジネス交渉・心理学部門
  • 会社の歴史部門

発売1週間で4部門1位獲得
本邦初公開のオリジナルストーリーが大注目!


株式会社絶好調 経営方針書

吉田将紀 著
株式会社絶好調 経営方針書

  • リーダーシップ研修部門
  • ビジネス人物伝部門
  • 会社の歴史部門
  • 実践経営・リーダーシップ部門 等

8 部門で1位獲得
企業理念の浸透がよりスムーズになり、社内外から大好評!


景気に左右されない不動産の仕事術

小原秀紀 著
景気に左右されない不動産の仕事術

  • セールス営業部門
  • 家の売買部門
  • 不動産部門
  • セールス営業部門 新着
  • 家の売買部門 新着
  • 不動産部門 新着

6 部門で1位獲得
新規立上げの不動産無敵塾、初回から満席!


条件難物件でも低予算で満室になる「おもてなしビル管理経営」

蔭山達也 著
条件難物件でも低予算で満室になる「おもてなしビル管理経営」

  • 家の売買部門
  • 不動産部門
  • 不動産投資部門
  • 家の売買部門 新着
  • 不動産部門 新着
  • 不動産投資部門 新着

6 部門で1位獲得
自社サービスの価値を再認識、
新規事業チームの立上げがスタート!!


宇宙からのでんわ

井内菜摘 著
宇宙からのでんわ

  • ノンフィクション部門
  • 伝記部門 新着
  • 絵本部門 新着

3部門で1位獲得
お父様への誕生日プレゼントとして出版。ご家族も大喜び!

PRICE

「そろそろ出版しようと思っていた」
「いつか出版してみたい」
「何冊か出版したことはあるけれど、本当に伝えたいことを書いてみたい」

想いをこめて活動をされていたら、誰もが思うことでしょう。

冒頭でお話したように、出版には多額の費用がかかります。
もちろん、出版社から執筆依頼がある場合は、多くの場合、著者がお金を支払う必要はありません。
それでも、買い取りなどの諸条件があり、思い通りに出版するためには150万円~1500万円程度の費用がかかる。実物としての紙の本があるのは便利ではありますが、在庫がなくなると二度と手に入らなくなるという問題もあります。

一方、電子出版の相場はというと、5万円~150万円/冊と、かなり幅があります。
なぜここまで幅があるかというと、「書くのが得意、書くことを仕事にしたい」というフリーランスの方から、ビジネスプロデューサーとして実績のある方まで、電子出版に従事している層にかなりの幅があるからです。

また、ある程度パソコンの知識がある方であれば、電子出版をすること自体は殆ど費用をかけず実現することが出来ます。
ただ、この選択はオススメしません。例えて言うなら、「ハサミを持っているから、自分の髪を、自分でカットをしよう」と考えているようなものだからです。

安すぎるサービスも、オススメしません。私たちの過去プロデュース作品は、43冊の電子書籍でAmazonランキング1位を獲得してきました。正直に申し上げますが、それら一冊にかかっている経費は、少なくとも10万円以上です。
プロ仕様の書籍にするためには、最低でもこのくらいのコストがかかっているのです。市場には、低価格のサービスがありますが、価格にはそれなりの理由があるということをご理解いただけたらと思います。

私たちは、最適なサービスを、より価値ある費用で実現できるよう、日々改善してまいりました。以下に現時点でご案内できるサービスをご紹介させていただきます。

SERVICE

ベーシックサービス

AMP

電子書籍化オンラインプログラム
AMP

【Amazon Publishing Master Online Program】

〔Amazon ランキング保証 !〕

電子書籍化の基礎をオンラインで学び、自らで自身のコンテンツを書籍化

時任悟が解説するオンライン動画にて、電子書籍の書き方からご出版までをご自身で学んでいただけるプログラムです。
書籍の要となるコンセプト決め、タイトルや表紙のイメージについて、編集長の時任悟の個別セッションにてサポートします。

表紙は熟練デザイナーのプロが担当。面倒な電子書籍データ化も全てお任せいただけます。

電子書籍1位を掲げて、ビジネスツールとしてご活用いただけるAmazonランキング1位を獲得していくためのサポート保証も付いています。
※出版後3位までに入らなかったら全額返金保証

【価格】25万円178,000円(税抜)
※ご精算時には消費税が加算されます
分割の場合 33,000円(税抜) × 6回


オーダーメイドサービス

上記のAMPに加え、以下のようなプランで、個別にご提案をしています。

(1)AMP-Premium-: AMPに加え、時任 悟による、執筆期間中(6ヶ月)無制限の出版コーチングがついて、書き上がるまでを完全サポート

(2)CPS(ContentPartnerShip): 徹底したインタビューにより、御社のビジネス全体を完全に把握し、最適な書籍の設計、インタビュー、執筆代行、編集を行います。

(3)CPS-Premium-: CPSに加え、マーケティング、ブランディング上に必要なホームページ、ロゴ、名刺、パンフレットなどの設計、制作を行います。


ご相談はこちらへ

中心道®出版によるプロデュースを検討されている方は、以下のいずれかよりご連絡ください。

(1)編集長 時任 悟による出版相談
50作品以上のベストセラーを生み出し続けてきた「出版企画書ヒアリングシート」にご記入いただき、60分間の個別相談を承っております。

通常5万円のところ、出版を検討中の方に限り1万円(税別)
※当社にご縁のあるご紹介者様からの推薦をいただいた際は無料で承っています。

(2)電子出版ベストセラーワークショップ
1年間で49作品のAmazonランキング1位を獲得してきたメソッドを全て公開いたします。

参加費5,000円(税別)
※当社にご縁のあるご紹介者様からの推薦をいただいた際は無料で承っています。

下記のフォームよりご連絡ください

CONTACT

現在日時調整中のため、決まり次第、事務局よりご連絡いたします。

MESSAGE

夢と志の違いについて、中心道®創始者 須田達史氏が語ってくれました。

「夢とは、あなたが生きている間に達成したいこと。
志とは、あなたが生きた証として遺すもの

そして、生きた証として遺すものの一つに書籍がある」

出版は、自分のためにするものではありません。

クライアント、家族、大切な人など、誰かのためにお役にたてる何かを、社会に宣言するために出版するのです。
日本文化に縁をいただき、育った人は、総じて謙虚になってしまいます。
謙虚は美しいです。しかし、今、謙虚なふりをして、おとなしくしている場合ではありません。あなたの経験、情報、知恵をわかちあって、お互いを育て合うことが求められていると私たちは考えています。

どんな人にでも、1冊の本になる叡智があります。
もちろん、2冊、3冊と書き続けられる人もいます。

ぜひ、あなた自身の想いを1冊の本として作り上げ、お客さま、クライアント、業界、日本にもっと貢献する道へと歩み出しましょう。

中心道出版 編集長 時任 悟